まずはお電話でフリーダイアル 「0120-472-009」08:30~18:00(隔週土、日、祝祭日を除く)

  1. ホーム
  2. ES-FLAT
  3. PURE 40

PURE 40

PURE 40

住宅密集地に住まう回遊性 40坪住宅

このPURE40プロトタイプは住居専用の用途地域でも比較的建築制限の緩い第一種住居専用地域等で第三種高度地区を想定しています。鉄筋コンクリート構造ですので規制の最も厳しい防火地域であっても構造体に耐火被覆などが不要で建築可能です。

この用途地域は概して幹線道路から少し入った前面道路の幅員がさほど広くはないエリアに相当し、道路幅員による容積率制限がかかってきます。(ex.幅員4m道路で容積率限度160%)

施工が容易な3層のシンプルな箱型ボリュームで住宅密集地域において住まいに光と風を導く外部空間を織り交ぜながら容積率160%限度いっぱいに延床面積を確保しています。

当プロトタイプはこういった事も出来るという一例にすぎません。

ご要望に応じて、お打ち合わせの上、自由にプランニングさせて頂きます。

1F

複数の動線で自由度の高い生活空間に

平面の奥行方向を構造体である鉄筋コンクリート壁により3分割し、その中央に階段、水廻りスペースを配しています。
階段と水廻りスペースの周囲を主寝室、ゲストルームと動線で取り囲むことで、回遊性が生まれ、生活空間に自由度を与えます。
 
■パーキングスペース
既にお持ちの、あるいは購入された土地に住宅を新築されるメリットとして計画地の余白部分にパーキングスペースを設けられるということが挙げられます。
自家用車所有の場合、別途駐車場を借りる必要がなく、高額な駐車場代の支出を抑えることができます。
 
■主寝室
道路側の開口部はハイサイドライト(高窓)として上方から光や風を取り入れ、道路からのプライバシーを確保しています。
 
■ゲストルーム
計画地の奥まった部分を個室として間仕切りを設けていますが、間仕切りを設けず、自由に活用できるスペースにもなります。
家族構成の変化に応じて、間仕切りと建具を設け、2室に分割することも可能です。
勿論、当初から建具や収納を設け主寝室としてのご利用も可能です。
 

2F

家族の共有スペースにも回遊性を

「作る」「食す」「浴す」「集う」「くつろぐ」といったご家族の共用スペースを2階にまとめています。
1階同様、平面の奥行方向を構造体である打ち放しコンクリート壁により3分割し、道路から奥まった部分にキッチン、パントリー、WCを配し、中央に階段とダイニングスペース、道路側にリビングスペースを設えています。
空間を分節するコンクリート壁の廻りを自由に回遊できるようにすることで、キッチン、ダイニング、リビングスペース間に複数の動線が生まれ、生活空間に自由度を与えます。
 
■キッチン
コンロ、シンク、冷蔵庫をコンパクトにまとめることで、キッチン作業の簡略化を図るとともにダイニングスペースとコミュニケーションできる対面型となっています。
炊飯器や電子レンジなどの調理器具も設置できるパントリーを設え、アイランドキッチンスペースが煩雑にならないよう配慮しています。
 
■ダイニング
階段脇のコンクリート壁伝いに落ちるライトコートから柔らかい自然光とトップライトから採光を確保します。
コンクリート壁に穿たれた開口部により、キッチンとのコミュニケーションが取れます。
 
■リビング
道路側に大きな開口部を設えることで、ふんだんに光を採り入れ、明るい空間となります。
 

3F

外部空間から内部に採光を


1、2階同様、平面の奥行方向を構造体である鉄筋コンクリート壁により3分割し、道路から奥まった部分に子供室、中央にライトコート、道路側にみんなの書斎(子供ワークスペース)とインナーテラスを配します。ライトコートとインナーテラスから、子供室やみんなの書斎に採光と通風を確保します。内部空間に光を取り入れるための外部空間(ライトコートとインナーテラス)を設えることにより、床面積限度を超過しないようにしています。
 
■インナーテラス
インナーテラスは打ち放しコンクリート壁と天井に囲まれた外部空間で、これにより、みんなの書斎(子供ワークスペース)は構造体に制限されることなく大きな開口部を確保することができます。
 
■みんなの書斎(子供ワークスペース)
インナーテラスと対面する位置にあるみんなの書斎は、明るく開放的なスペースとなります。
  
■ライトコート
子供室への採光と通風を確保するとともに、トップライトを配することで、下階のダイニングスペースへも光を採り入れることができます。
  
■子供室
隣家に囲まれ、採光を確保し難い道路から奥まった部分ですが、ライトコートに面することで十分に光と風を採り入れることができます。
 

屋上

堅固な鉄筋コンクリート躯体ならでは

3階のライトコートの屋外階段により屋上に上がれます。
ライトコート上部の吹き抜け部分によって、道路側のリビングテラスと道路から奥まった部分の物干等ができるユーティリティテラスとに緩やかに分節しています。
堅固な鉄筋コンクリート躯体ならではの屋上緑化も楽しむことができます。
 

外観

℡ 03-3322-3351 までお気軽にお電話ください。お待ちしております。




ページトップへ